室内

住人の笑顔溢れる家づくり|マンションの大規模修繕は欠かせない

大規模修繕をするなら

集合住宅

埼玉県内には多くのビルやマンションが建築されています。鉄筋コンクリートで建築されていますから、非常に丈夫な建物であるのは間違いありません。しかし、外壁や共有部分の経年劣化は進んでいきますから、大規模な改修工事を行う事によって安全を確保出来ます。

もっと読む

耐用年数を延ばす方法

作業者

老朽化の進んだ東京のマンションで大規模修繕を行うときには、施工実績の多い業者に相談して、個別の建物に合ったプランを提示してもらうべきです。建物の強度を高めることが一番重要ですが、サッシや玄関ドアの工事も行って、快適性を向上させることも必要です。

もっと読む

費用を比べましょう

マンション

賃貸経営を行っている方は、マンションやアパートの経年劣化を防ぐためにも大規模修繕が必要になります。大規模修繕には多額の費用が必要になりますから、複数業者に見積もりを依頼して、費用の比較をしてから大規模修繕を依頼しましょう。

もっと読む

修繕詳しく知ろう

つみきの家

住まいの修繕の目的とは

マンションにお住まいの方は、大規模修繕という言葉をよく耳にするでしょう。入居時から住人全員で修繕費を積み立てることも一般的です。では、大規模修繕はどのような目的で行われるのでしょうか。決して少なくない金額を毎月積み立てるのですから、きちんと内容を理解することをおすすめします。マンションに限りませんが、建物というものは完成するとすぐ劣化していくものです。もちろんすぐにというわけではありません。少しずつ、ゆっくりと時間をかけて雨風にさらされ、劣化していくのです。それらの箇所を放ったらかしにすると、壁のひび割れなどで様々な支障が生じるようになり、さらにひどくなればマンション自体が崩壊してしまいます。そのようなことにならないよう、10〜15年程度で一度の割合で修繕を行います。それを大規模修繕と呼びます。

修繕の特徴

では、マンションの大規模修繕にはどのような特徴があるのでしょうか。まずその修繕の周期ですが、劣化する時期を計算して10〜15年に一度の頻度で行われます。これは強制ではありません。しかし、少なくとも外壁に関しては3年ごとに目視等による点検、10年ごとに打診による点検が法律で義務化されています。これは戸建て住宅とは違う、マンションの大きな特徴であると言えます。また、上記のような理由から一つのマンションで数回の大規模修繕を行うことになるのですが、その修繕ごとに内容が異なります。まず、最初の大規模修繕はマンションを竣工当時の見た目に戻すことが主な目的として行われます。そして2回目の大規模修繕は、落ちてしまった建物としての機能を回復することが大きな目的となります。そして、3回目になると竣工からかなりの年月が経っているため、コンクリートや設備などが寿命を迎えています。それらを交換することが目的となります。住人の笑顔溢れる家づくりを目指しましょう。